ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【ホイール塗装#2】超お手軽!1時間で終わるホイール自家塗装をやってみた。

下地作り不要のソフト99 ホイールカラーを使って、下地作り無しの超お手軽ホイール自家塗装に挑戦します。

こちらの続きです。

【ホイール塗装#1】傷や汚れを落とすついでにホイール塗装に挑戦しよう!

 

掃除と脱脂と下地作り

まずは汚れ落としと脱脂のために、食器洗い用洗剤で表面を洗います。

その後、下地作りは不要とのことですが、軽く400番のサンドペーパーで全体的に撫でる程度に表面を荒らします。

最後にもう一度水で流して、シリコンオフを使って脱脂します。

 

もしきちんと自家塗装をするのであれば、ここまで何日もかかっているはずです。

マスキング

続いてはマスキングです。

今回はタイヤが付きっぱなしなので、マスキングテープをホイールのリムとタイヤの間に差し込むように貼り付けます。

f:id:katamichinijikan:20161217205204j:image

更にマスカーでタイヤ全体をマスキングします。

f:id:katamichinijikan:20161217205241j:image

塗装

早速塗装に入ります。

前回の記事で説明した通り、超お手軽自家塗装のお供「ソフト99 ホイールカラー」を使います。

今回のホイールは17インチです。

17インチの場合には、2本あたり4本に対して「ソフト99 ホイールカラー」が1本必要です。そのため、「ソフト99 ホイールカラー ガンメタ」を2本購入し、更に上塗り用に「ホイールカラー クリア」を2本購入しました。

 

ソフト99へ問い合わせたところ、必ずしもクリアの上塗りは必要ではないそうです。

塗装面の様な平滑感とツヤ感を持たせたい場合にはクリアの上塗りをオススメするとのことでした。

 

作業自体は非常に簡単ですぐ終わります。

通常の塗料であれば、ある程度乾燥させて何度も塗り重ねる必要がありますが、「ソフト99 ホイールカラー」の場合には10分ごとに2~3回塗り重ねればOKとのことです。

今回は「ホイールカラー クリア」で上塗りしますが、「ホイールカラー ガンメタ」で塗装後5分開けて上塗りすればOKとのことです。

それぞれ3度塗りして、計1時間もかかっていません。

▼塗装中

f:id:katamichinijikan:20161218152255j:image

▼完成

f:id:katamichinijikan:20161218152320j:image

どうでしょうか?

 

少なくとも見た目に関してはなかなか良い仕上がりです。

 

乾燥と取り付けを待って評価してみたいと思います。

 

▼こちらへ続く

diy-kagu.hatenablog.com