ドリリウム

趣味の情報や思いついたことを発信しています。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E typeなど。

家具のDIY

【レビュー】電動タッカー「高儀 EARTH MAN DTK-45A」 DIY好きに絶対オススメ!

現在製作中のDIY用自作防音室(詳細はこちら)のためにこちらの電動タッカーを購入しました。 高儀 EARTH MAN 電動タッカー DTK-45A posted with カエレバ 高儀 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 3,844円(2018年12月現在・Amazon)という圧倒的低価格であ…

【DIY用自作防音室#1】分解・運搬OK!賃貸DIYに特化した防音室を作りたい(構想編)

賃貸(アパート・マンション)における木工や家具つくりといったDIYのための防音室を作りたいと思います。 ポイントは以下の3点です。 特に階下への防振性に優れる(DIYでは歌や楽器より振動や振動に近い音が多い) ある程度軽量で運搬しやすい部品に分割可…

家具の制作関連記事まとめ

家具の制作記のまとめです。 へたくそなりに頑張っていく様子を見守ってください。 作業した日ごとに記事にしていることが多く、記事数が増えがちです。そのため当記事を目次として作成しています。 赤松の水槽台(完成) SPFのクローゼット収納(完成) 桐…

【木のオイル塗装】オイル塗布後のべたべたの解消法は?

数日後に控えた引っ越しを前に、一年弱使用した、樟の一枚板で作ったダイニングテーブルをメンテナンスしました。具体的には、一度表面をやすりがけして、オイル塗装しました。 そこでわかっていたのにやってしまった、オイル塗装初心者がやりがちな失敗をし…

胡桃の荒材でワイルドな棚を作ろう!

樟と槐のデスクを制作した時に槐の角材を購入させていただいたお店が無垢材を手ごろな金額で購入できる大変良いお店だったため、リピートしてみました。こんなお店で、業販では売れない木材を安く提供してくれているのかな?という印象です。 kinosozai.com …

自作したダイニングテーブルに反り止めを追加しました

もう制作してずいぶん経つ樟のダイニングテーブルです。 制作記:樟のダイニングテーブル カテゴリーの記事一覧 - ドリリウム いま改めてみると気になる点は多々ありますが、無垢板を使ったおかげでかなりごまかしがきいていると思います。写真で見ると脚と…

樟のダイニングテーブルの反り止め加工

ずいぶん前に制作したダイニングテーブル(制作記:樟のダイニングテーブル カテゴリーの記事一覧 - ドリリウム)の反り止め加工が甘かったので、再度加工しました。 そもそも、このダイニングテーブルには反り止めがありません。 左右の足の固定部の穴を大…

天板の割れをボンド+おが粉で埋めてみた

しばらく前に作ってすっかり部屋にも馴染んだ樟のダイニングテーブル(制作記:樟のダイニングテーブル カテゴリーの記事一覧 - ドリリウム)ですが、割と大きな割れが1カ所あります。 割れも1枚板の味。季節によって割れの大小が変化します。 ということで…

樟と槐のデスクに反り止めを追加

先日制作したデスクですが、シンプルクリーンに作っており、反り止めが脚の2本だけしかありません。長い机ですので、せめて真ん中に1つ反り止めを追加することにしました。

樟と槐のデスク その3

前回途中まで仕上げた脚です。 120番で仕上げてアルドボスを2回塗布しました。 天板です。 60番、120番、240番で仕上げて、アルドボスで2回、クノスで2回仕上げました。 さて、脚と天板を接合していきます。

樟と槐のデスク その2

槐の角材が届きましたので作業を始めます。 まずは時間がかかるオイル塗装工程に順序良く入っていけるように、天板を仕上げます。 今回はこの1枚をそのまま使いますので、磨きです。 オービタルサンダーを使って、60番、120番、240番の順で仕上げていきます…

樟と槐のデスク その1

在宅での仕事が視野に入り始めましたのでデスクを制作します。 構想はふわっとはできていますので、あとは気に入った材料に合わせて制作することにしました。 今回も材料はヤフオクで日々チェック。 すると、ダイニングテーブルを制作した時と同じ九州の材木…

制作記:新見清彦さんリスペクトなデスクチェア(プロトタイプ) その1

昨日あげた新見清彦さんの素晴らしい椅子。

新美清彦さんの素晴らしい作品から学びたい

家具製作 新美清彦 愛知県の工房で家具を作る新見清彦さん。 その家具に感銘を受けたのは、とある喫茶店での出会いからでした。 よくある手作りやオーダーメイド家具とは全く違う、こだわりの手作り。 旋盤や機械で作った美しく整った曲面ではなく、木を温も…

ダイニングテーブルのメンテナンス

DIYでダイニングテーブルを製作して、かれこれ数か月。 半年は経っていないかな?? いまだに気に入る椅子が見つからず、そろそろ自作も視野に入れ始めています。 さて、特に汚れなどは気になりませんが、机の上が珍しく片付いていたのでメンテナンスしてみ…

ブラックチェリーのカップスタンド(オフィス用、1カップ用)

オフィスで使っているカップを、1日の最後に洗ってデスクにおいておくわけですが、どうにも不衛生です。逆さにおいておくのが理想ですが、デスクに直接置くのは嫌ですからティッシュやコースターを使っていますが、やはり不衛生な感じがして気持ちが悪いです…

欅松楢の水槽台 番外編 水槽と扉の設置、その他周辺部品類

番外編。 水槽の設置と扉の設置等です。 ▼まずは設置した様子がこちら。 設置の経過は、写真を撮る暇もありませんでした(^^; まずは持ち上げられるまで水を抜きますが、あまり抜きすぎては生体と水草への影響が心配です。3分の1程度。ぱっと見でギリギリまで…

欅松楢の水槽台 後編

家具作りの趣味のせいで、家に溜まりに溜まった不要な木材。 樹種は様々で、処分方法を考えていたところ、いろんな種類と形の木を使って継ぎ接ぎの水槽台を作ることになりました。 基本的な骨格が出来た前編から続き、側板と背板を作っていきます。 側板と背…

欅松楢の水槽台 前編

欅、松、楢、桐、桜などなど・・・。 余った木を使って、地面にべた置きしている水草ストック水槽用の水槽台を作ってあげます。 使えそうな素材をあげてみると以下の通り。正確なサイズは失念。 欅の角材(50mm * 80mm * 1500mm) 欅の耳付き1枚板(220mm * …

余った木材が邪魔!本棚か、水槽台?

これまで水槽台(小)、ドレッサー、ダイニングテーブルなど、あれこれ作ってきて、都度木材を調達していたわけですが、それらの余った木材が溜まってきました。 特に、ダイニングテーブルを作成した時に買った、欅の板と角材、そして先日食洗器用の棚を作っ…

制作記:パインの棚

食器洗い乾燥機を置くための棚を作ります。 キッチンと冷蔵庫の微妙な隙間に合わせて、高さもシンクにぴったりあわせて、ぴったりサイズで作ります。 今回は、今住んでいる部屋でしか使えないサイズになります。1年か、せいぜい3年です。そこで、出来るだけ…

ウォータードリッパーを自作しよう(水出しコーヒー) その1

そろそろ冷たい飲み物がおいしい季節ですね。 僕は水出しアイスコーヒーが好きです。もちろん、行きつけのお店に限っての話でして、というか行きつけのお店の水出しアイスコーヒーが絶品です。 うまい水出しコーヒーのワインのような華やか、そしてアルコー…

樟のダイニングテーブル 番外編 - 完成写真

横から。 写真に撮ると、実物の色味とは随分違って見えます。 こんな濃くないんだけどな。上の脚の写真とそう差のない色味なんですが…。 うーん。うまく実物の色に近づける加工でもできたらいいんだけど。 とりあえず完成してよかった。 あとはメンテナンス…

Livos クノスの撥水力

水を垂らしてみました。 長時間置くとどうかわかりませんが、短時間ならなかなかの撥水です。 樟のダイニングテーブルのすべての記事 その1:樟のダイニングテーブル その1 - 欅の角材が届くも… - ドリルを買ったから家具を作りたい その2:樟のダイニング…

樟のダイニングテーブル その13 - 完成

本日、樟のダイニングテーブルが完成しました。 組み上げてみてみると、不満な点もありますが、それは後々修正していこうと思います。また、木目は独特の大振りかつ濃淡あるものですので、僅かに明るめの色を足したオイルなどでメンテナンスするのも面白いか…

樟のダイニングテーブル その12 - 組み上げ準備、天板に鬼目ナット

脚部の仕上げが終わりましたので、最後の組み上げ準備を進めていきます。ドレッサーの制作記はだらだらと長くなってしまいましたが、今回は少しは簡潔にまとめられたかな(^^; 本日は、脚と天板の接合部の準備、脚への小細工、楔止めホゾの仕上げの3点を作業…

樟のダイニングテーブル その11 - 脚部の仕上げと途中経過

前回から続いて、たっぷり乾燥期間を取りながら脚部の仕上げを行っています。 ちょっとわかりにくいのですが、確かこれはアルドボスを1度塗布し、十分に乾燥した後の状態です。 脚と脚をつなぐ柱にも塗布します。欅は樟に比べるとずっと吸い込みが弱いです。…

樟のダイニングテーブル その10 - 楔止めホゾ加工の続き&脚部の仕上げ

前回、テーブルの脚部を楔止めホゾ加工で固定するため、オス側のホゾ加工を行いました。これに続いて、メス側のホゾ加工をして、脚部全体を仕上げていきます。 まずは脚の中心を出して、ホゾ穴の寸法を書いていきます。 ここにドリルでいくつもいくつも穴を…

桐のドレッサー 完成

家具制作DIYを始めたキッカケであり第一の大きな目標であった妻へ送るドレッサー作りです。 完成してません。 が、一端ブログでレポートしてきた制作記を総括したいと思います。 なぜなら、あと残すところは、引き出し全面のネジ頭を隠すのに最適な鋲を探し…

樟のダイニングテーブル その9 - 楔止めホゾ加工

何度も登場していますが、今回作るダイニングテーブルのイメージです。左右の足をつなぐ角材は、イメージでは縦長ですが、あれこれ考えた結果、横長に使うことにしました。 今日は、この角材側のホゾ加工とくさび用の穴あけを行いました。 硬く、重く、綺麗…