ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

GEX スリムフィルターL導入&レビュー

GEX メガパワー2045をメインのフィルターとしているメイン水槽に、濾過能力の増強のためにサブとしてGEX スリムフィルターLを導入しました。

 

想像以上に良いもので、大満足です。

ネットのレビューでは、ろ材の高さや騒音がマイナスポイントとしてよく上がっていましたが果たして。

あ、今回は純正ろ材は使わず、すべてリングろ材に置き換えますので前者の問題は関係ないですね。

 

 

 

▼謳い文句はスリムなフィルター

f:id:katamichinijikan:20170521161021j:image

▼濾過層は1.1L、流量は毎分5L

f:id:katamichinijikan:20170521161029j:image

 

▼中身は本体、ろ材、ポンプ。

f:id:katamichinijikan:20170521161041j:image

今回これを選んだ一番の理由が見た目です。外掛けフィルターはとても良いフィルターの形態だと思うのですが、何せどれも見た目が悪い。

その中で、これは見た目が良いです。

デザインは、メガパワー2045と同じような感じで、統一感があって良いですね。メガパワー2045も見た目で選んだ部分もあります。表出させなければいけないフィルターには見た目の良し悪しも重要ですね。

 

 

▼ろ材はGEXの定番タイプです。

f:id:katamichinijikan:20170521161051j:image

 

▼ポンプは小さいです。

f:id:katamichinijikan:20170521161126j:image

これは、流量が毎分3Lのメガパワー2045よりも小さいです。スリムフィルターLは外掛けのため、揚程を考えなくて良いためだと思いますが、要するに小排気量高回転型みたいなもので、うるさいと評されている一因かもしれませんね。

 

▼濾過槽はでかい。

f:id:katamichinijikan:20170521161135j:image

対応水槽サイズが45cmから60cmとなっているくらいで、でかいです。そもそも濾過槽容量はメガパワー2045と同等で、流量が倍近いですから、メインフィルターを上回っています。

 

▼水槽と接する点です。

f:id:katamichinijikan:20170521161146j:image

このフィルターは、上部の吸水および排水部を水槽に引っ掛け、下部はこの偏心円のパーツで点で支えます。

これは騒音を発生させる要因その2ですね。隙間テープなどで対策は容易です。メーカーとしてももう少しがんばってほしいところ。

 

▼で、設置しました。

f:id:katamichinijikan:20170521161210j:image

濾過槽には、小さめのリングろ材だけを詰めています。1L分のリングろ材がありましたが、ほぼすべて入りました。少々あまりましたので、上等ですね。

 

気になっていた騒音は、ありません。

設置の仕方が悪いと騒音、というかポンプの振動が悪く作用するかもしれませんが、下部の偏心パーツを調整すれば十分静かになりそうです。無理な場合には隙間テープや適当なスポンジでも噛ませれば十分でしょう。

 

ただ、ポンプ自体が発生するぶーんという低音は、メガパワー2045より大きいです。やはり上述の通り小排気量高回転型ですね。

インペラの軸の精度をあげれば多少治るでしょうが、この価格帯の商品にそれを求めるのは酷でしょう。

 

スリムで場所は取らず、見た目がスマートで、ろ材1L+毎分5Lの流量。濾過能力がちょっと足りないと思った時にポンと付け足すにはかなり良い選択だと思いました。