ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

日本車はドイツ車ではなくアメ車に倣ってほしい

最近の日本車はドイツ車を意識している節が多々見受けられる。しかし、それが功を奏していることは少なくて、半端に乗り心地が悪いだけで終わったりする。

 

日本車である以上は安くしないといけないから、どうしても見えない部分のコストダウンや見た目と質感のチープさが滲み出てしまって失敗する。コンセプトが良くても、市販段階ではデザインも失敗する。多少値段が高くても許される?レクサスを乗ってみても、LSを除くレクサスたちは電子制御で車の性能の低さを誤魔化している。結局ドイツ車の方向性を欲しているユーザーからすれば論外の出来。セダン系はマシだが、SUVの出来の酷さは笑いが出てくるほどで、国産ミニバンユーザーくらいしか満足しないと思われる。

 

 

で、ドイツ車の本質は目に見えない操作系や駆動系、そして足回りの作り込みだから、日本車がこれに追いつくことは不可能といえる。

 

日本車のような丈夫で信頼性が高くて安い車は、走る楽しみより安楽さを求める方が適している。そうであればドイツ車なんかよりアメ車の方が10,000倍良い、

 

 

アメ車はドイツ車に比べると雑な作りで丈夫だ。故障もバカな改造をしなければ少ない。シンプル。乗り心地もゆったり走るぶんには良い。エンジンも車もでかければ、まったく飛ばす気にならない。アメ車はノーマルで乗ってこそだ。

 

何より、シートが違う。

ドイツ車は、タイトでやる気にさせてくれる。走ることに最適といえる。しかし、安楽さはそう高くない。7シリーズでもいいSクラスでもドライビングプレジャーを求めていて、もうよくわからない。(そういう意味ではLSの方が良い)

アメ車は、シートに腰掛けるとホッとする。

そもそもシートがでかい。

でっぷりとした1人がけのソファに腰掛けたような感じで、リラックスできる。車内空間もタイトさとは無縁で、でかいエンジンや車体と相まって、普段は飛ばし屋な人でもゆったり走ることになること請け合いだ。

 

特に高速走行では、高回転型のエンジンやパワーのないエンジンでは、どうしても「ゆったり」とは行かずに結果として飛ばす方に行ってしまう。ホイールベースが短ければどう頑張っても乗り心地は落ち着かないものになる。

こうした難しい課題はあるけど、半端にドイツ車を意識して誰も求めていない車を作るくらいなら、アメ車に倣って安楽さを重視したセダンやクーペ、SUVを作ってほしいと思う。

 

 

 

走りの良いセダンすらロクに作れないメーカーが、走りが良いスポーティなSUVとか馬鹿か(笑)