ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

抱卵個体の死亡と、卵をなくした母エビ

我が家では初となる抱卵に恵まれた3匹のエビ。

先日確認すると、1匹が死亡していました。原因は不明ですが、おかしな様子はなく、突然でした。寿命だったのかもしれません。

 

また、続けて昨夜、一番最初に抱卵して、そろそろ孵化かと楽しみにしていた抱卵個体の卵がなくなっていました。最初は孵化したのかと稚エビ探したのですが、どこにもありません。あるのは脱皮した跡だけ。脱皮した皮には卵は見当たりません。食べられたのでしょうか。

脱皮したのが、その抱卵個体とは限りません。しかし、確実に卵はなくなっていました。

 

そのはずなのですが、本日見るとなんと抱卵していました。

また改めて抱卵したんだと思います。昨日時点では、確実に卵がなかったように思いますし、卵に見えていた稚エビの目も見えなくなっています。

f:id:katamichinijikan:20170417155220j:plain

 

今度こそはうまくいってくれると嬉しいです。

おそらくオレンジチェリーシュリンプです。

 

▼唯一順調にいっている抱卵個体。

f:id:katamichinijikan:20170417155305j:plain

こちらは卵の中の稚エビの目がしっかり見えています。