ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

ウォータードリッパーを自作しよう(水出しコーヒー) その1

 

そろそろ冷たい飲み物がおいしい季節ですね。

僕は水出しアイスコーヒーが好きです。もちろん、行きつけのお店に限っての話でして、というか行きつけのお店の水出しアイスコーヒーが絶品です。

うまい水出しコーヒーのワインのような華やか、そしてアルコールのような深みは、普通のコーヒーでは味わえず、一度味わってしまうとしばらく普通のコーヒーが物足りなく感じてしまいます。

 

さて、そんな行きつけのお店で水出しコーヒーの話をしていると、僕が家具つくりに凝っていることを知っている店主は、水出しコーヒー用の機械を作ったらどうだ?と提案してきました。

 

そのお店でも半自作のウォータードリッパーがあります。

ガラスや樹脂、金属の冷たい質感は好まないので、木でフレームを作ろうというわけです。フレーム以外は市販のコーヒーサーバーやウォータードリッパーの部品を転用してもよいですが、自作するのが好きな人間というのはそれを好みません。

市販の専用品以外を使って実現するのが面白いのです。

 

 

ということで、軽くホームセンターと100均をめぐり、いくつかのガラス瓶とアクアリウム用のコックを買ってきました。

▼ニッソーの一方コックです。片側にねじが切られています。

 

素材は黄銅ですから、食品に触れる場所に使っても問題ないでしょう。

瓶はあまり深く考えず、主に100均でいくつか選んできました。

 

その中で、最上部に位置する水溜め用としてひとつを選択し、試しに底に穴をあけてみます。

▼5mmのガラスドリルを使います。

f:id:katamichinijikan:20170413175810j:plain

 

すでに写真ではまっていますが、ここに一方コックをねじ込みます。

ガラス側が弱いため、ねじは切っていませんが、ねじ込むことで根本まで入れることができました。当初の計画では、裏からシリコンかゴムのワッシャーをはめて、ステンレスのナットで固定するつもりでしたが、瓶が思いのほか厚く、ナットを取り付けるだけの余裕がありませんでした。

 

まずはこのまま水を貯めてみると、コック全開であれば水漏れはないものの、2滴/1秒くらいからコックの付け根から水漏れを始めてしまいます。

 

 

そこで、食品が触れる場所に使える接着剤や充填剤、パテを探し始めました。

特に接着剤に関しては、数多く見つかるのですが、素人が簡単に手に入れられる商品がなかなかありません。

唯一見つけたのは、アルテコの瞬間接着剤で、CN2あるいはCN4です。

これであれば、モノタロウで購入することができます。そして、食品衛生法に適合しています。

瞬間接着剤 | 株式会社アルテコ

アルテコ社のカタログ:http://www.alteco.co.jp/cms/wp-content/uploads/catalog/cyanoacrylate.pdf

モノタロウの商品ページ:

www.monotaro.com

CN2は液状、CN4は粘度が高いジェル状とのことで、CN4を選択しました。

シアノアクリレートを使っていますので、市販のアロンアルファなどの接着剤でも問題ないと思われます。今回は、1000円少々という価格でしたので、念のためにこちらを選択しました。

 

 

届くのに時間がかかるようで、その2に続きます。。。