ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

最強のウォーキングシューズは?ASICS PEDALAを試す。

僕は歩くのが趣味で、よく歩いています。

 

時には休日を利用して、20kmや30kmの散歩(?)をすることもあります。

仕事の帰りに、少し早めに電車を降りて、10km程度歩くこともあります。

 

ヘビーに歩くときは、最初から歩きやすいスニーカーを使うのですが、仕事帰りに歩きたい時は、ある程度落ち着いたデザインのものを選び、「運動靴」っぽさ全開の靴を避けなければなりません。割とカジュアルな服が許される職場とはいえ、バリバリのスニーカーを合わせようとすると、仕事に適さない服装になってしまいます。

 

最強のウォーキングシューズ

そんな中、常識的な価格で、最も優れたウォーキングシューズは、YONEX MC30でした。

MC30 | CASUAL WALK カジュアルウォーク | YONEX WALKING ヨネックスウォーキング

 

軽く、柔らかく、履き心地も良い。

値段も1万円台前半と良心的です。

仕事帰りに毎日10km歩ければ、1年で2400km。普通の靴では持ちません。

しかし、MC30であれば2年近く持ちました。MC30はソールの張替えが出来ず、上位モデルでは張替えが可能だったはずですが、ラインナップからなくなってしまったようです。

インソールは1年弱で交換しました。

 

本当に素晴らしい靴ですが、再度同じ靴を選ぶのも芸がないので、最近話題のアシックスのウォーキングシューズを選んでみることにしました。

運良く、近くの駅前にあるデパートに、アシックスやヨネックス、その他いろいろなメーカーのウォーキングシューズだけを置いた、専門店舗がありましたので、行ってきました。

 

 アシックス、大したことがないのか?

そうして最終的に選択したのが、アシックス PEDALA WPW801-2928

http://www.asics.com/jp/ja-jp/walking/pedala

 

アシックスのウォーキングシューズには、スタイリッシュなものもありますが、アキレス腱のあたりにこすれるのが試着の時点でわかり、色々試して一番ましなのがこれでした。色々デザインのバリエーションはあるのですが、全部ダサいというのがある意味すごいです。

YONEX MC30ではこんな悩みはありませんでしたし、1万弱で買えるようなよくあるナイキやニューバランスのスニーカーではこんな悩みはありませんでした。

僕の足が特殊なのか、アシックスの靴は大したことがないのかはわかりません。

これで2万6千円取られました。ソールの張替えが可能とはいえ、3000kmくらいは平気で持って、歩き心地も良くないと納得いきません。

 

レビュー

さて、実際にしばらく歩いてみました。

当初は15kmくらいの行程を考えていましたが、結局3kmで帰ってきました。往復6km。

 

理由は靴自体の硬さもありますが、ソールの硬さ。

硬すぎてまともに歩けません。

歩くとき、踵が地面に触れた後、踵側から段々と地面に触れ、最後につま先で次の一歩を蹴りだします。それが、この靴では踵が触れると、それを軸に足裏全体がべたりと地面に着きます。

ぺたんぺたんと歩いているような状態で、最初に感じたのは「この靴はクソだ」ということです。

 

ビジネスシューズやブーツでも、まともな靴であればこんなことはあり得ません。

 

それが2万6千円のウォーキングシューズでこの様です。

足に合う、合わない以前の問題です。

二度とアシックスの靴を買わないことに決めました。

 

ただ、評価が低いことには変わりませんが、しばらく歩けば馴染む可能性は大いにあります。実際に帰り道では段々と良くなってきたような気がしました。

半値のヨネックス MC30は90点。2倍するアシックス PEDALA WPW801-2928は5点です。ウォーキングシューズとしては0点ですが、丈夫で仕立てよく仕上げられており、ソールの張替えなどにも対応しているので+5点です。

 

 

馴染んだ後に、せめて歩きやすく耐久性が高いことが証明されてくれることを祈ります。