読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

樟のダイニングテーブル その9 - 楔止めホゾ加工

何度も登場していますが、今回作るダイニングテーブルのイメージです。左右の足をつなぐ角材は、イメージでは縦長ですが、あれこれ考えた結果、横長に使うことにしました。

f:id:katamichinijikan:20170202094834j:plain

 

今日は、この角材側のホゾ加工とくさび用の穴あけを行いました。

 

硬く、重く、綺麗な欅の角材の端に、線をひいていきます。

f:id:katamichinijikan:20170220155801j:plain

 

慎重に慎重に。。。。

f:id:katamichinijikan:20170220155901j:plain

 

できました。やすりで微調整をしましたが、思いのほか綺麗にきれました。あとは、実際にくみ上げてから隙間があれば微調整します。ただし、今回は楔止めホゾなので、ホゾとホゾ穴がピタリと合う必要はなく、ガタつかない程度に余裕が必要です。

f:id:katamichinijikan:20170220160001j:plain

 

続いて、ホゾ部分に楔用の穴をあけていきます。

まずはドリルで穴あけをして、鑿で地道に削ります。失敗はしたくないし、音も立てたくないので、彫刻刀のように使って地道に削ります。

f:id:katamichinijikan:20170220160307j:plain

 

楔は角度がつきますから、穴も角度を合わせてあける必要があります。そこまで厳密にはできませんが、実際に楔を斜めの面にあわせつつ、楔が垂直になるように仕上げていきます。

 

 

ちょっと地道な作業が続きましたが、なんとか失敗せず作れました。

f:id:katamichinijikan:20170220160528j:plain

 

最後に、せっかくの綺麗な材なので、割れ防止に木口にオイルを塗っておきました。最終的には、全体に塗りますが、念のため。

f:id:katamichinijikan:20170220161026j:plain

 

 

次は、ホゾ穴。

うまくできる自信が、ないです。