ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

桐のドレッサー その26 - 仕上げと塗装

ようやく、ここまで来た感じ。

大して複雑なものでもないのに、「その26」までかかっているのは、初のまともな作品で無駄に時間と手間がかかっているから(^^; 遠回りもいっぱいして、道具を買ってきては、やっぱり違うと違う道具を買ってきたりも。

 

最初は、右の黒い箱もすかすかな程度だった道具が、ここまで増えた。収まりきっていません。

f:id:katamichinijikan:20170128104643j:plain

高くて躊躇っていたLivosアルドボスの上塗り用のクノスも買ってみた。これは、ツヤを求めていない桐のドレッサーには使わない予定だけど、仕上がり次第では使おうと思う。

f:id:katamichinijikan:20170128104817j:plain

 

 

 

ということで、80番、150番、320番の順でやすりがけを終え、つるつるになったドレッサーに、アルドボスを塗布しました。何度かやって思いますが、刷毛で塗るより、スポンジやタオルで塗った方がずっと塗りやすい気がします。刷毛は、洗うのも大変。専用の溶剤は高いので、洗濯用洗剤で洗っているけど(^^;

f:id:katamichinijikan:20170128104956j:plain

 

f:id:katamichinijikan:20170128105234j:plain

 

しばらく置いて、ふき取り、これで一晩おきます。

 

 

アルドボスを塗って、しばらく経っている鏡側はこんな感じ。

思いのほか、色味が薄かったり、一部むらも見つけてしまったので、軽くやすりがけしてつるつるにした後、もう一度アルドボスを塗ってみました。今度はタオルを使ったので、むらもなく良い感じです。100均で売っている、たくさん入っている食器洗いスポンジなんかが適当かもしれません。

f:id:katamichinijikan:20170128105328j:plain