読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

樟のダイニングテーブル その1 - 欅の角材が届くも…

制作記:樟のダイニングテーブル DIY全般

こちらの続き。

diy-kagu.hatenablog.com

 

 

樟のダイニングテーブル、今回は先日記事にしたように「もでりん」を使って作図してみました。結局なんの利点も見つからず、いまいち納得いきませんが、どういうものを作ろうとしているのかを説明するには良いです。

f:id:katamichinijikan:20170126145544j:plain

 

こんな具合で、脚は板2枚を柱でつないで作る予定です。柱は左右の足とホゾでつなぎます。で、この柱が到着しました。

f:id:katamichinijikan:20170127092658j:plain

f:id:katamichinijikan:20170127092631j:plain

見た目は、希望通りです。

木材屋さんの表に出てくるような商品は、整いすぎていていまいち首をかしげてしまいます。木材屋さん的には、難ありとなるような、節があってそこに穴があったり、色むらがあったりする材が、味があっていいなぁと、仕上げがいがあるなぁと思ってしまいます。

そして、そうした材は安めの値段で手に入れることが出来ます。

 

こちらの材は巾200mm*厚65mmです。

写真で見た時は、「これだ!」とおもったのですが、届いてみると、でかいです(^^; ちょっとでかすぎる。欅だけあって超重いし。この半分、100mm巾で良かった。

長さ側のカットはのこぎりで頑張れば、そこそこの仕上がりでできる自信はあるのですが、縦にすぱっといくのは自信がありません。

 

デザインと称して、真ん中の方をくりぬいたり、外側を削ってもいいのですが、木がもったいない…。どうしよう…。天板と脚がそろうまで、悩みます。