読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

ねっとりクリームBMW

残念なホンダ・アコードの代車を返してきた。

そして、影響がない程度の不具合を直した5シリーズが帰ってきた。

 

 

影響がない。

直しても違いはわからない。

そんなメンテナンスに10万円をかけるかどうかは人それぞれだけど。僕は気持ちよく乗るためにやる。例えつなぎの車だとしても。

 

 

 

さて、アコードから5シリーズに乗り換えると、たった1週間しか離れていなかったのに、その違いに心底驚く。

 

 

 

何もかも違う。

 

 

違いが多すぎて表現しきれない。

例えるなら、松ぼっくりとスペースシャトルくらい違う。何もかも違いすぎて、違うところだらけで説明しきれない。共通しているのは地球上に存在していることとか、固体であることとかくらいのものだ。

 

 

 

 

 

一番嬉しい違いは2つ。

一番が2つである。矛盾しているけどそれくらい飛び抜けている2点がある。

 

ドライビングポジションと、あらゆるフィーリング。2点に絞ったからすごく曖昧な表現になった。

 

まずはドライビングポジション。

もう座った瞬間。乗り込んだ瞬間から違う。

違和感なく、ストンとはまる。

 

アコードに乗るには、ドアを開けて、乗り込む先を確認、シートを見て、そこに座るための動きを考え、乗り込む、が、ちょっとしっくりこず調整する。そして、シート等を調整する。そして、やっぱりしっくりこないことに気がつく。まるで刑務所の椅子だ。知らないけど。

 

5シリーズは、ドアを開けると、気がつくと座っている。非常に良い具合だ。

 

 

そしてフィーリング。

ステアリングを動かした時の反力、路面からのフィードバック、車体の動き、ペダルを踏みしめた感触、加速する感覚、減速する感覚。

なにもかも、まるで粘度の高い蜜をかき混ぜるよう。クリーミィ。

 

オーディオのボタンやつまみのフィーリングさえそうだ。

 

乗っていて気持ちが良い。快適。

最早同じ車であることが不思議なほどの違いだ。

しばらくは、運転が楽しみで仕方がなくなりそうだ。