ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

ガラス水槽に穴あけ、ガラスドリルは消耗品

先日、鏡に穴をあけるために安物ながらリリーフのガラスドリル を購入しました。

 

 

鏡には、なんとか穴をあけることができました。これでお役御免となったわけですが、ふと思いついてガラス水槽に穴あけをしてみることに。うまく行けば、空気を送るチューブをスマートに外に出すことが出来ます。

 

 

一点気がかりがあるとすれば、前回鏡に穴を開けている最中に、ビットの先端のコーティングか何かが剥がれてしまいました。まさか、5mmの鏡(ガラス)板に2か所穴あけして終わりとは思いたくありません。ということで、水槽の穴あけにチャレンジ。

 

 結果としては・・・。

 

 

 

 

穴あけはできましたが、このドリルビットはもうだめです。

 

とんでもなく時間がかかりましたし、仕上がりもそこまできれいではありません。ガラスドリルについて調べた時は、ここまで消耗するものという情報は見かけませんでした。しかし、探してみると、まとめ買い 10個セット「リリーフ(RELIFE) 4本組 ガラスドリル 3.0・4.0・5.0・6.0mm 26688」 とかいう売り物があることから考えても

かなり消耗の早い消耗品と考えないといけないようです。

 

 

あるいは長らく使いたいのであれば、高い上等なものを選ぶ必要がありそうです。

それとも、使い方が悪かったかな(^^;