読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

おいしいコーヒー屋さんに巡り合えないあなたへ

僕は味のわかる人間ではないのですが、コーヒーが好きです。かれこれ20年以上愛飲しています。 そんな僕も、「まともなコーヒー」に出会えたのはほんの1年前くらいの話です。

 

 

 

コーヒー好きの始まりは、コーヒー好きの母親から。初めてのコーヒーは、母が紙のフィルターで淹れた、ドリップコーヒーでした。

当時、小学生だった僕は、当然ブラックでは飲めません。ミルクを入れて飲んでいました。元々牛乳が大好きで、毎日1パック(1リットル)以上飲んでいた僕は、牛乳とはちょっと違ったコーヒーフレーバーのこの飲み物を気に入りました。

当時は(今でも大半の安物はそうですが)、質の低い豆ばかりですから、深煎りが主流でした。もちろん挽いた状態で袋に入れられて販売されており、状態は劣悪、質も悪いという代物。昔ながらのコクのある、場合によっては香ばしさを感じる、苦いコーヒーです。とはいえ、嗜好品でありますから、これが好きという人ももちろんいるでしょう。正解はないし、高い豆ほど良いなんて単純なものでもありません。

 

しばらくすると、親と共にする時間が減り、反抗期はなかったですが、親のドリップコーヒーからインスタントコーヒーへと移行していきました。インスタントコーヒーもあれこれ飲み比べましたが、「所詮はインスタント」です。結局、特に特徴がなく、やや味の弱いキーコーヒーのインスタントに落ち着きました。他のコーヒーは不自然な香りや味の悪さがモロに感じられる中、これはまともでした。

 

 

コーヒーは、同じものを飲んでも、飲む側の好みによって評価がわかれます。更には豆の種類は多種多様。同じ豆でも、年によって、農場によって、流通経路によっても全く別物になります。更にそこから、煎り方、挽き方、淹れ方によって全く別物になります。更に言えば、その時の体調や気分でおいしく感じるコーヒーは変わります。更にさらに、アレンジがあったり、組み合わせる食べ物によっても変わります。同じ豆でも、粗悪なものから上質なものまで、価格は10倍以上異なることも珍しくありません。混ぜ物が増えて上質なものが手に入らなくなった豆もあります。

そのため、「どの種類の豆が好き」などと言うのはいまいち的外れです。

 

 

 

さて、いつになっても減る様子が見られませんが、未だに酸化したゴミのようなコーヒーを出す店があります。そして、その被害者が「酸味あるコーヒーは嫌い」と悲しい感想をもって、コーヒーの酸味を毛嫌いします。コーヒーの酸味とは、あの「悪いえぐみ」の塊のような味とは全く異なります。

 

これは本当においしいコーヒー屋さんに辿り着かなくてはわからないでしょう。

 

たとえ有名で、雑誌やテレビで紹介されたコーヒー屋さんだとしても、それが万人に受けることなどありえません。自分に合ったコーヒー屋さんを見つける道は、険しいです。簡単ではありません。同じ店でも、季節や時間帯によって感じ方が変わることもあるでしょう。コーヒー屋さんに行けば、豆の種類だけでも、少なくとも5種類はくだらないでしょう。

 

おそらく、世の中にはコーヒーは好きだけど、家ではインスタントコーヒーばかりという人がそれなりの数いると思われます。そして、そうした人たちはお店でコーヒーを頼んでもいまいちおいしいと思えていないでしょう。そして、僅かなフラストレーションを感じているのではないでしょうか。

コーヒーは好き、でも話題のお店で飲んでもおいしいと思えない。

自分の舌が馬鹿なのか?自分がおいしいと思えるコーヒーなんてないのでは?あるいは自分はコーヒー好きなんかではないのでは?

 

 

そんな風に考えている人たちが大勢いるのではないでしょうか?

実際に、僕は長らくそう考えていました。

 

平日の昼間からオクサマたちが集うおしゃれなカフェでも、昔ながらの喫茶店も、スターバックスも、星野珈琲も、まったくおいしいとは思えませんでした。スペシャルティコーヒーなんて、そもそもが万人受けしないジャンルです。

 

そんな中、僕はつい1年前に、自分に合ったお店をようやく見つけることが出来ました。そして、ようやく自分がコーヒー好きだと堂々と言えるようになりました。そうして改めてチェーン店のコーヒーや、スペシャルティコーヒーを飲んで、客観的に自分の好む味なのかどうか、うまいのかまずいのか、そうした判断を下せるようになりました。

 

より一層、コーヒーを楽しめるようになりました。

 

 

 

自分に合うお店は、なかなか出会うことはできません。

もしかしたら一生出会えないかもしれません。

 

でも、同じような悩み(というには大袈裟かな)を持った人がいるのではないかなという純粋な好奇心と、おいしいコーヒーとの出会いによって再燃したコーヒーへの熱意があり、こんなブログを書いてみました。