ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒー

MENU

テーブル脚の固定方法は?

家具作りの構想をしていると、よく生じる疑問といえば、取り外し可能かつ強固な固定方法です。車であればボルトナットがあります。簡単に取り付けたり、取り外せるし、強度は申し分ありません。


しかし、木材に対してボルトナットを使うケースはあまり多くないらしいし、なにより家具に無骨なボルトナットがあっては見栄えも悪い気がします。

色々調べながらも最近までさっぱりいい案が浮かばなかったわけですが、ようやくすこーしだけですが解決しました(^^; また、家具作りを始めて1年以上経過しまして、テーブルや机も制作しましたから、そこで学んだことも追記いたします。(2017.11.7)

 

 方法1:テーブル脚金具

まず見つけたのはこんな金具。
これはしっかり取り付けできそうです。シンプルで使い方も分かりやすいですね。

しかし、雄雌セットでは売っていないようでして、どうやら金具が埋め込まれた既製品の脚とセットで使うためのもののようです。なんとか活用できないのかな。

 

joyfulhonda.jp

 

方法2:レッグジョイント

次に見つけたのはこんな金具。
なんだかごちゃごちゃしているが、しっかり取り付けできそうです。でも高いし、天板と脚はこれにあわせた加工が必要になりそうです。

レッグジョイント | 株式会社 ナカノ

 

 方法3:鬼目ナット

最後に見つけたのがこれ。
鬼目ナットという代物です。

diy.yokochou.com

 

これがあれば簡単に木材に雌ネジを作り、ボルトを使うことが出来ます。

 

実際にダイニングテーブルを作った際の固定方法

樟の1枚板を使ったダイニングテーブルを制作しました。

サイズは確か長さ1800mm、幅700mm、厚さ45mmほどで、天板だけで20~30kgほどだったと思います。全体で50kg以上の重さです。

f:id:katamichinijikan:20171107204631j:plain

足にはこちらも1枚板をぶった切ったものを使用しています。

▼天板側はどうなっているかというと、こうです。

f:id:katamichinijikan:20171107204635j:plain

の1枚板に、垂直にを固定しています。

このの制作はこちらの記事で紹介していますが、に垂直に固定しているは、上側からコーススレッドでガッチガチに固定しています。上側は見えないからいいや、という考えです。そして、天板には鬼目ナットを埋め込み、この垂直に固定した板を介してボルトとワッシャーで固定しているわけです。

 

こんな大物を経験が浅いころに作ってしまったため、今見ると目を覆いたくなるようなポイントがとても多いです。上の写真の固定方法もそうですね・・・恥ずかしいです。

今なら同じやり方でももっと良くできるはずです。

いつか直したいですね。

 

実際の制作記はこちらから:家具の制作関連記事まとめ - ドリリウム

実際に机を作った際の固定方法

樟の1枚板を使ったデスクを制作しました。

サイズは長さ1800mm、幅350mm、厚さ40mmほどで、細長いデスクです。シンプルクリーンにするために足もとってもシンプルです。でも、いい感じにできたと思っています。

f:id:katamichinijikan:20171107204651j:plain

脚は御覧の通り角材を使ったコの字型+横に1本。

あるいは「円」の短い縦棒がない形です。

 

脚の固定に関しては、ダイニングテーブル同様ボルトナットを使用しています。

ボルトナットは、強度を保てて、なおかつ引っ越しなどの際に簡単に分割できるという利点があります。このデスクを作ったときには引っ越しを目前に控えていましたので、ボルトナット以外の選択肢はありませんでした。f:id:katamichinijikan:20171107204653j:plain

こちらは丁寧に作ったことと、見える部分にボルトを使うということで、見せることを前提にしました。ボルトもちょっと小奇麗なものを選択しています。

更に矢印で示したように棚受け金具を使っています。これもあえて見せるためにボルトと合った雰囲気の棚受け金具を選択しました。やはり脚と脚を左右につなぐ何かがないと机はぐらぐらします。

 

引っ越し直前だったということもあり、ボルトを取ったらかさばらない形状の3パーツに簡単に分割できるという点を重視するために、横方向に棒は入れませんでした。

 

▼棚受け金具は脚の側面と天板裏に同様にボルトナットで固定しています。

f:id:katamichinijikan:20171107204655j:plain

実際の制作記はこちらから:家具の制作関連記事まとめ - ドリリウム

 

まとめ:素人に優しい鬼目ナット

最終的に、実践した2件を見て頂けるとわかる通り、鬼目ナット様様です。

ムラコシ オニメ M8×20

 

 

安いし、丈夫だし、簡単。

分割もできて、言うことないです。

 

ボルトも探すとちょっとシャレた感じのボルトもたくさんあります。

もし目立たせたくないのであれば、座繰りをしたり木で蓋をしてあげれば良いわけです。