読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリルを買ったから家具を作りたい

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

家具作りの基礎の基礎 図面編

DIYのお勉強 制作記:赤松の水槽台

いざ家具を作ろうとすると、知らないことだらけで頭がいっぱいになる(^^;

 

まずは練習台として、小さな棚?を作ってみたい。

設置するのはテレビ台の横。テレビ台と同じ奥行き、高さで幅は40cm程度。上には小さな水槽(20cm*20cm)を置き、引き出しには水槽関係の道具、引き出しの下段にスペースを作り、ここにテレビ横でごちゃごちゃしているテレビや周辺機器の配線類を綺麗に仕舞いたい。

 

 

家具作りといえば、それこそ小学生の頃に学校で購入したのこぎりやらかんなやらを使ってよくわからないものを切って打って作っていた記憶しかない。

当時の出来を思い返してみると、とても恥ずかしくて自宅内においておけないものだ。家具なんて作ってしまえば処理にも困る。これは十分に検討が必要と思い、下調べを始めた。

 

図面が必要だ。

当たり前だが、図面が必要だ。

小学生の頃は、あるものを現物合わせて切った貼ったしていたが、そんな作り方では必ず自宅に置いていては恥ずかしいものが出来上がってしまう。慣れてくればできるのかもしれないが、念には念を入れて準備したい。

 

さて、図面を書くにあたって、今時便利なものがあるのではないかと調べると、無料のCADソフトが見つかった。

 

こちらのサイトがとても参考になった。

誰でも使える!家具設計が楽しいフリーソフト2選。 | Lifeなび

 

 

紹介されているのは、以上2ソフトだ。

 

早速安心感があるGoogleSketchUpとやらをダウンロード、インストールしてみた。

しかし、全く使えない(汗)

 

ソフトが悪いのではない、全く使い方がわからない・・・。

 

 

これは勉強しても良いが、多少の手間がかかっても手書きをしようと決意した。

 

図面の基礎を学ぶ

図面と言っても、どう書いたらいいものかわからない。

いや、どんな材料が必要で、それをどう組み合わせるのかをわかるように書けばいいわけだから、それは難しい話ではない。

 

しかし、図面と呼べるものを作るのであれば、お仕事で使われるような図面とやらを少し知っておきたい。

そうして見つけたのが以下のサイトだ。他人様のサイトに頼りきりである(^^;

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

 

ここでは家具というよりは機械のことを言っている。

家具の図面というのはまた違いがあるのかもしれないが、非常に事細かに図面の読み方・書き方を説明してくれているとても素晴らしいサイトだ。

 

とはいえ、これは少し情報が膨大すぎて簡単な棚からステップアップしていきたい僕としては、もう少しお手軽な感じで済ませたい。勉強はきらいだ(^o^;

 

 

あっさりと家具図面を学ぶ

世の中、素晴らしい人たち、企業がたくさんある。

あっさりと家具図面を知りたい僕に最適なサイトを見つけた。

 

まずはこちら。これは本当にあっさりだ。少し物足りないくらい。

だが、わかればいいということを改めて教えてくれる。

図面の書き方 岸本家具店

次にこちら。これはほどほどだ。十分。

ここら辺を参考にまずは図面を書いていきたい。

失敗しないDIY家具講座(作り方):図面の書き方|自作・DIYを応援! STORIO

次にこちら。これはきっとプロだ。プロはこういうのを書くんだと思う。参考として知っておきたい。

内装図・家具図・造作図・建具図・平面詳細図・木枠図・額縁図など施工図例|(株)リゴーレ

 

 

 

まとめ

あっさりと図面を書くには、以下の3つに注意することが大事だとわかった。

  1. 全体像に寸法を書き入れる。
  2. 部品ごとの図を書く。複数の図にしても良い。
  3. 書き方はここを参考にする。

雑だが、まずはここから始めたい(^o^)

 

 

 

これでもなかなか手間だし、想像力を働かせないと錯視画像みたいな物体が書き上がってしまう。酷い出来になりそうだ・・・。