ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

ヤマトヌマエビ脱走&5メートル先で発見

昨日導入したヤマトヌマエビですが、元気が良すぎるようです。今朝起きてトイレへ行くと、トイレの奥の隅の方に・・・・。

f:id:katamichinijikan:20170718103651j:plain

 

・・・。

f:id:katamichinijikan:20170718103658j:plain

 

 

 

最初はゴキブリでも出たかとびっくりしましたが、ヤマトヌマエビでした・・・。水槽から5メートル以上離れています。元気だなぁ。

ヤマトヌマエビ20匹投入!

昨日水槽の歪みを理由に新しい水槽を注文した水草ストック水槽(新水槽は今日届く)ですが、コケ対策にヤマトヌマエビを導入します。

 

この水槽はエビと相性が悪いようで、過去に導入したエビは、見渡す限りわずかしか残っていません。と、いうか、減ったのではなく巧妙に隠れているようで、普段は全く見かけなくなったミナミヌマエビがこっそり繁殖していることは把握しています。

一方で、ヤマトヌマエビは、半数以上が死着し、水も強烈な腐敗臭を放っており、水あわせは慎重に行いましたが、数日後には2〜3匹しか残りませんでした。エビと相性が悪いというか、運が悪い感じ(^^;

 

 

 

さて、この水槽は一時期木酢液でコケ対策をしたことがありますが、今では全く対策していません。対症療法に意味はないと感じたからです。水槽が安定すれば、増えた黒髭コケもいつかなくなると信じてきました。

 

 

これが現状です。

f:id:katamichinijikan:20170715132200j:imagef:id:katamichinijikan:20170715132208j:imagef:id:katamichinijikan:20170715132212j:imagef:id:katamichinijikan:20170715132215j:imagef:id:katamichinijikan:20170715132222j:image

 

岩やハイグロフィラピンナティフィダや後ろの成長遅めの水草たちには緑のふわふわしたこけが確認できます。これはこれで見た目が綺麗でそこまで嫌ではありません。岩は味があるくらい?

手前のなんとかサジタリアス?は葉を覆う黒髭コケに悩まされていました。トリミングせず2ヶ月くらい我慢していますが、コケの色が落ちて、目立たなくなってきました。減ってきた感じです。

 

水槽が安定して?黒髭コケが減ってきたと仮定して、ここにヤマトヌマエビを導入してトドメを刺してやろうという魂胆です。

 

 ▼水あわせ中

f:id:katamichinijikan:20170715132555j:image

 

今回のヤマトヌマエビは死ぬほど元気。

水面からでてバケツの壁面を登ります(笑)抜け出して床を歩いているやつもいる始末。水から出ると、虫っぽくてキモいですね。

 

 ▼導入

f:id:katamichinijikan:20170715132718j:image

 

元気一杯。

 

水槽が歪んでる!?崩壊(物理)の危機

ご覧ください。

 

右半分

f:id:katamichinijikan:20170715122647j:image

左半分

f:id:katamichinijikan:20170715122650j:image

 

 

水槽が傾いているというわけではありません。自作の水槽台ですが、水準器で念入りに水平を確かめています。しかも、真ん中の水面が低く、両端は高いという弧を描いています。

 

これがどれだけ危険な状態かわかりませんが、速やかに水槽を注文したのはいうまでもありません。エーハイムの60cmガラス水槽です。縁ありが好みですが、安さと納期でこれを選択。明日には届く予定です。

危険車両の通報窓口が欲しい

車にある程度詳しくなると音や匂い、そして見た目などから明らかな異常を見て取れるようになる。

 

例えばベルトの滑りやパンク、タイヤの傷なんかははっきりとわかるし、燃焼異常や明らかなサスペンション構成部品の破損や著しいオイルや水漏れもわかる。

これらの諸症状は該当車両の故障につながるだけでなく、他の車を巻き込む事故にも繋がりかねない。ベルトが切れでもしたら、人によってはパニックになって適切な対処はできないはずだ。

あ、あとはふらついてるお年寄りの車とかね。

 

車ほど当たり前でなおかつ危険な代物は周りにないから、車に乗る人も危機感が薄れているはずだ。車に乗る人に求められる知識と身体能力はより高く、ルールはより厳しくした方が良い。車が増えれば増えるだけ厳しくした方が良い。

バリアフリーという言葉が聞かれるようになって20年以上経つが、危険を冒してまで行うバリアフリーほど馬鹿なものはない。技術が追いつかなければバリアは残るし、残るべきだ。視力やその他の身体能力が低ければ、現在の技術では車に乗ることはできないし、できないようにすべきだ。

 

 

 

不正改造車両や無車検がダメなのはわかるけど、そうしたルールの根幹には安全な車両運行を守るという考えがあるはずで、危険な整備不良車両こそ適切に対処されるべきだと思う。

 

車検の有無や不正改造のようにはっきりとルール化できないものだから仕方のない側面もあるけど、法や文化の成熟した今、グレーゾーンを現状維持として放置するのはどうかなと思ってしまう。

もちろん数多くあるグレーゾーンを全部すぐに対応することはできないけど、そもそも考慮しないのはダメだと思うな。

ゴールデンハニードワーフグラミー繁殖!?

我が家のゴールデンハニードワーフグラミー(以下グラミー)。巣作りに挑戦するも場所が悪く、泡が作っては流されていました。更には喫緊の問題だった濾過能力不足を解決するために、外部フィルターを交換したことがとどめになって泡は消失。必至に巣づくりしていたのは水中ポンプの真上だったのです。

 

しばらくは泡がなくなったオスグラミーはうろちょろと行き場を失っていました。

かわいそうに思い、浮草を追加してやったのが数日前。ホームセンターで唯一売っていた浮草で、おそらくアマゾンフロッグピットだと思います。浮草を追加したはいいものの、どうやら巣作りはしていないようで、繁殖は当面無理かな~と思っていました。

 

 

 

で、本日朝。

f:id:katamichinijikan:20170714150132j:plain

 

!?

 

 

f:id:katamichinijikan:20170714150340j:plain

 

 

なにやら・・・・小さな黒いものが・・・・?

初めてのことで確証はないのですが、これって稚魚でしょうか??

 

ろくに泡の巣も作っていないのに??動く様子はないけど、大丈夫かなぁ。