ドリリウム

釣り、車、家具作り、DIY、アクアリウム、コーヒー

MENU

コトブキ パワーボックス45導入(中古・100円)

コトブキ パワーボックス45を導入します。

ヤフオクで100円で入札してたら落とせちゃったやつです。

いくら古いとはいえ、動作品です。まさか落札できるとは想定外。

 

 

濾過槽容量は、メイン水槽のGEX メガパワー2045よりずっと大きいですが、

中古品で色々心配ですから、まずは水草ストック水槽に導入します。

 

▼現在の水草ストック水槽。水中ポンプにウールを巻いてそのまま沈めています。

f:id:katamichinijikan:20170405100059j:plain

 

到着したパワーボックスを開封してみます。

最初の方は撮影を忘れてしまいましたが、とても綺麗です。ほとんど使っていなかったか、あるいは扱いが丁寧だったか。外部フィルターは普通はしまってありますから綺麗なのは当たり前かもしれません。

 

▼ろ材を取り出したところ。

f:id:katamichinijikan:20170405100148j:plain

中には純正のろ材が入っています。スポンジも全然へたっていません。

左のろ材は、黒いスポンジと白いウールがくっついているものが使われているようです。

 

▼コトブキ パワーマットという名前でまだ売られています。

 

コトブキのサイトでも、このパワーボックス45の情報はあまり出てきません。

一体いつからいつまで販売されていたものなのでしょうか?

 

さて、思いのほか状態は良いですが、流石にろ材は流用する気になりません。

パワーマットを買ってもいいですが、そこまでするのももったいないので、手持ちのウールを適当に切り出します。ろ材は手持ちに詰め替えます。

f:id:katamichinijikan:20170405101058j:plain

 

▼そして、これまた手持ちの内径12mmホースをセット。

f:id:katamichinijikan:20170405101135j:plain

このホースは内径12mm、外径15mmということでホースのロックナットを使えません。仮でタイラップを巻きましたが、心配なので外径16mmのホースを注文しました。

 

また、水漏れも心配なので、バケツに入れます。

 

ホースを適当に沈めて、パワーボックス45とシールが貼ってある呼び水ボタン(?)をしゅこしゅこと押し込みます。

f:id:katamichinijikan:20170405101258j:plain

壊れてもおらず、動作良好です。

しかし、水槽と濾過機本体の高さが同じですので、水をなかなか吸ってきません。本来は水槽の水面よりずっと低い位置に本体を設置させる必要があります。

仕方がないので、吸水側のホースに水中ポンプを押し当てて、水を無理やり送り込みます。

 

排水側のホースから空気がぽこぽこと出てきて、数分水を送り続けると排水側から水が出てきました。すかさず本体を電源に接続すると、無事作動!

 

100円の中古品でしたが、状態も良く、動作も完璧。

本体の大きさに比べ、ろ材の量が少ない気がしますが、これは古さ故仕方がありません。

 

▼動作中

f:id:katamichinijikan:20170405101649j:plain

 

濾過槽容量が水槽の容量の半分から3分の1くらいあります。

濾過能力が過剰な気がします。

これまた1円で買った60cm水槽が届けば、ちょうど良い感じになりそうです。

エビの孵化に先立って、稚エビの迎え入れ準備

チェリーシュリンプを導入してしばらく、抱卵したエビが2匹います。

もう1匹もまもなく抱卵しそうな雰囲気です。

 

 

さて、稚エビを迎え入れるにあたって、準備をしました。

準備というのは、GEX メガパワー2045の吸水口のスポンジの入れ替えです。

 

GEX メガパワー2045の吸水口は、粗目の黒いスポンジがついています。

これでは、稚エビが吸い込みれてしまいそうということで、目が細かいスポンジに交換することにしました。

 

そんな都合の良い交換部品は売っていませんので、

ホームセンターで格安スポンジフィルターを購入してきました。

 

▼ なんか、500円くらいの安いやつ。

f:id:katamichinijikan:20170404112918j:plain

こういう形のスポンジ単体も売っていましたが、こちらのスポンジフィルターの方が安かったです。

 

f:id:katamichinijikan:20170404113026j:plain

 

で、いきなりスポンジを入れ替えるのは怖かったので、しばらくこのスポンジフィルターを水槽内で稼働させ、1~2週間経った頃にスポンジを交換することにしました。

 

サイズは計っていませんが、つくはずです。

つかなかったらタイラップがあります。

 

▼つけました。

f:id:katamichinijikan:20170404113145j:plain

 

思っていたよりいい感じです。

リフト量もかなりのものです。

水作のエアフィットプラスよりよっぽどリフト量はあります。

 

エビの孵化には3~4週間かかるようなので、2週間はこのまま稼働させ

2週間後にGEX メガパワー2045のスポンジと入れ替えます。

ヤフオクアクアリウム

怖いですね。

 

僕が好きな車のジャンルですと、大抵のものは需要があって、安過ぎる価格で落札できることは稀です。そもそも自動車部品となると元の価格がアクアリウムとは大きく違います。

もちろん物によりますが、1万円なら安い、10万円なら普通、100万円なら大物です。指ほどもない部品が1万円以上するのも当たり前です。自動車を趣味とすれば、当然のように投入する資金は100万円を軽く超えることになります。

 

 

しかし、アクアリウムでは僕が初心者ということもあって、数千円で悩み、1万円なら高嶺の花と決めつけて手を出しません。数百円でも、小さなパーツなら悩んでしまいます。

 

 

そんななか、ふとヤフオクを眺めた折、1円とか100円開始で出品されていた良さげな物に入札しました。残り時間は7日とか5日とかで、当然無理だと決めつけての入札です。落とせたらラッキー(ありえないけど)、という心境での入札です。

 

 

で、結果はというと、しばらくたって忘れたことに落札の通知が立て続けに届くことになりました(^^;

 

落札したのは以下の3点です。

  • GEX マリーナ600 新品 1円
  • GEX クリアライト CL-601 新品 1円
  • コトブキ パワーボックス45 中古 100円

 

もちろん送料はかかりますが、破格で入手できたことになります。水槽とライトなんて置き場もなくていらないです。濾過器はケースだけ使って自作しようかと考えていた時の気の迷いで入札しています。

 

 

とりあえず、プラケースにアップグレードしたばかりでもったいないですが、全部合わせて水草ストック水槽にしようかと考えています。

一応この濾過器が動いていれば、ちょっとした生体くらいは入れられそうだし。

自作外部フィルター用に格安濾過機(水中ポンプ式)を購入

これまで何度か構想(妄想?)をブログにあげてきた

自作外部フィルターのために、濾過機を購入しました。

 

以前の記事で、GEX イーロカが最もコスパが良いと言っていましたが、

ホームセンターではネット価格とは事情が少し異なりました。

最安濾過機(水中ポンプ式)はGEX コーナーパワーフィルターでした。

正確な価格を忘れましたが、650円くらいだったはずです。

イーロカより50円ほど安かったです。

 

GEXのサイトを見ると、兄弟機種?のようですね。ほぼ同じようなものみたいです。

 

こちら。

f:id:katamichinijikan:20170404111842j:plain

 

パッケージを見ていくと、よくある内容が書いてあります。

f:id:katamichinijikan:20170404111854j:plain

 

安物なのに、付属品たっぷり。

f:id:katamichinijikan:20170404111926j:plain

 

使い方も多彩。

f:id:katamichinijikan:20170404111939j:plain

 

底面にも使える。

多彩だぞ。

f:id:katamichinijikan:20170404111952j:plain

 

付属品たっぷり。

f:id:katamichinijikan:20170404112002j:plain

 

なんだか、価格が2倍以上するGEX サイレントフロースリムよりよっぽど良さそうです。もちろんGEX サイレントフロースリムは見た目がスマートで静かという良さはありますが、それを除けばGEX コーナーパワーフィルターの圧勝な気がします。

 

僕にはGEX コーナーパワーフィルターの方が良いものだと感じられました。

と、いうことで、折角ですが外部フィルターのために改造を受けるのは、GEX サイレントフロースリムになってもらうことになりました。

 

 

楽しみ。

 

濾過機をバラシてポンプだけ沈めるよ

昨日に引き続き、水草ストック水槽です。

f:id:katamichinijikan:20170404091245j:plain

 

濾過機(GEX サイレントフロースリム)が入っていますが、水流が弱すぎて水が淀んでいます。少しは水が動いているから、これで問題ないのかもしれませんが、ちょっと心配です。

 

GEX サイレントフロースリムは、頭を少し出すくらいの水位ですと、もう少し水流があります。ポンプ単体で見ると、それなりの水流がありますから、ここまで弱いのはちょっと不可解です。全く水面が動かない程度の水流しかありません。

分解して検証してみると、どうやらポンプからの水流が、ここ(下図赤線・ろ材の後ろ)の隙間から溢れてしまっているようです。

f:id:katamichinijikan:20170404110642j:plain

 

ここから漏れてしまうと、濾過機のここ(下図赤枠)から水流が逃げてしまい、吐出口からはろくに水流がでないということになります。

f:id:katamichinijikan:20170404110753j:plain

そのために、濾過機の頭を少し自ら出せば、水流が強まったのです。

 

 

濾過機の頭を自ら出すか、隙間を塞いでも良かったのですが・・・。

そもそも水草ストック水槽に濾過機がそこまで必要とは思えず、

 

▼こうなりました。

f:id:katamichinijikan:20170404111030j:plain

 

GEX サイレントフロースリムの水中ポンプだけを抜き出しました。

水中ポンプの吸水部にゴミが詰まってもいけないので、ろ材用のウールを巻いてタイラップで留めています。

 

水流は、超強いです。

毎分3L(たぶん)を直噴射です。

 

 

 

これで淀みは取れてくれるはず。

安物買いの・・・1000円照明

水草ストック水槽に光をあててやるため、照明を買いました。

 

普通の水槽用照明はどことなくもったいないのでヤフオクを見ると、

クリップライトが3個セットで1000円!迷わず落札してしまいましたが・・・。

f:id:katamichinijikan:20170404090229j:plain

 

あれれ、クリップライトは1つで、大きな2つはスタンドタイプだった(^^;

まあ固定はできるから問題はありません。

クリップライトはE17(25Wまで)、スタンドライトはE26電球が使えます。

 

 

それでは、電球を買います。(?)

小さなクリップライトには既に電球がついていますが、普通の電球です。

発酵式のCO2のボトルを温めるには良いですが、これから暖かくなってくると邪魔者になってしまいます。折角ですので、こちらも一緒に電球を買っておきましょう。(?)

 

近所のホームセンターへ行き、ワゴンセールコーナーでゲット。

f:id:katamichinijikan:20170404090559j:plain

 

しかし、E26電球はセール品が見当たらず、Amazonでゲット。

f:id:katamichinijikan:20170404090728j:plain

 

そしてセッティング。

f:id:katamichinijikan:20170404090800j:plain

 

水槽にセッティング。

f:id:katamichinijikan:20170404090818j:plain

 

電球4つ。

大分明るくなりました。

 

 

あとは、ろ過機をどうにかしたいです。

水流が少なすぎて、淀んでいる感じがします。

自作外部フィルターの悩み所2:給排水路と濾過槽内の密閉性

自作の外部フィルターに興味を持って調べていました。

作り方はとても簡単なのですが、一番の難所と言えるのが隔壁超えです。

 

外部フィルターの濾過槽として使うポットやタッパーやボトルなどに、吸水と排水の2つの穴をあける必要があります。

そして、そこをホースで連結します。

要するに、ホースで壁を超える必要があります。

 

もちろん、外部フィルター程度の圧でしたら、穴にホースを通してシリコンを充填しておけばほぼ問題ないでしょう。

 

しかし、心配性な僕はこういう時使う道具について調べることにしました。どういうものか想像はつくんだけど、名称がわからないから調べるのには苦労します(^^;

 

ホースニップル

これ。

一番最初に頭に浮かんだけど、呼び名がわからない。

探して行ったら、「ホースニップル」というらしい。

金属製もあれば、樹脂製もあり、L字になったエルボタイプもある。

左:カクダイ ホースニップル

中:カクダイ 樹脂製ホースニップル

右:真鍮 BC 一体型ホースエルボ

これらは基本的に工業用で、一般的な水槽やその濾過経路程度の圧なら屁でもない。

ホースニップルは、ホースを接続する側にはホース内径として8mmや10mm。一方でネジ側にはネジの規格である1/2や1/4、1/8といった仕様が記載されているはず。

後者の規格については、こちらで詳しい解説を見つけました。

参考:知って得する?豆知識

隔壁ユニオン、隔壁ソケット、隔壁継手

すべて意味合いは同じで、これこそまさにタンクの中から外へホースをつなぐときに使われる専用品。ホースニップル同様、基本的には工業用だから水槽にはオーバースペックになってしまう。

 

ボルトを締めこんで壁を挟み込んで、両端に上で紹介したホースニップルを取り付ける。あるいは左側の製品のように、最初からニップル状になっているものもある。

   

左:日本ピスコ ライトカップリング 隔壁(E7)タイプソケット CPSE7M-6

右:SMC 隔壁用ユニオン KQ2E06-00A

更に、ホースをボルトで締めこんで固定できるようなものもあって、これは水槽用の外部フィルター製品でも見られる構造ではあるものの、何せこういったものは工業用だから、水槽で使うような薄身のホースには合わない。

番外:汎用フィルターハウジング(濾過槽)

探して行ったら、そもそも汎用品のフィルターハウジング(濾過槽)も売ってた。これは工業用で、水槽用ではないし、水槽用としては安くもないので魅力はないけど。

給排水(実際の用途は油とか??)の口は、上で紹介したホースニップルが接続できる。

 

 

 

以上、ネットで調べた範囲の情報で、実際にはもっと手軽で手頃な商品がホームセンターにたくさんあると思います。

後日大きなホームセンターへ行って、よりアクアリウム向けで安価な商品を探してこようと思います。

 

ここで紹介したような、工業用部品を使えば、その点に関しては本当に一生、あるいは数世代にわたって使えると思います(^^; 

自作外部フィルターの悩み所1:ポンプの調達

自作外部フィルターに絶対に必要になるのがポンプ。

もちろんエアリフトでも構わないのですが、濾過槽以外の付属品が付くのが嫌なので、水中ポンプ式で考えています。

 

方法は2つ、ポンプ付きのろ過機(フィルター)を買うか、ポンプだけ買うか。

なぜかというと、ポンプ付きのろ過機の方が安いケースが多いから。自作外部フィルターについて調べていても、やはり既製品をバラシてポンプを使っているケースが多いです。

それぞれ比べてみました。

方法① 水中ポンプを搭載した製品をバラす

よく採用される方法です。

なぜなら基本的にはポンプ単体を買うより安いから。それ以外にも、ちょっとした付属のホースやパイプが使いまわせるからという点も大きいですね!

ということで、水中ポンプを採用した安いフィルターたちをピックアップして比べてみました。安さ、流通量が重要ですね。こうして並べると、安価な価格層の充実っぷりはGEXがすさまじいですね。

 

それぞれ簡単なコメントと流量を記載しています。

価格は、実売価格ということでチャームさんの価格。

コトブキ工芸 ミニボックス120N

ポンプにキスゴムが装着可能で形状は直方体。四角い箱状です。

フィルター最上部にポンプが備わり、下から吸って、上から吐き出す。

ポンプの吐出口にそのまま取り付けることができるL字の吐出口とシャワーパイプが備わっています。

価格:798円

定格消費電力:2.3W

流量:1.8L/分

コード長:1.0m

水作 スペースパワーフィットプラスS

SもMもポンプ性能は同じでした。

ポンプはキスゴムが装着可能で形状は三角柱。コーナーに取り付けるようになっています。ハウジングをばらせば中には四角いポンプが入っている・・・ということはなさそう。

フィルター最上部にポンプが備わり、下から吸って、上から吐き出す。

上側にある吐出口には最初からL字の吐出口が備わっており、横方向に排水します。また、この吐出口は90度の首振りが可能で、なおかつ流量調整も可能です。シャワーパイプが付属します。

 

価格:969円

消費電力:2W

吐出量:3L/分

コード長:1.2m

GEX イーロカ PF-201

よくカスタムベースにされる悲運のフィルターです。

ポンプはキスゴムが装着可能で形状はやや丸みを帯びた直方体。

フィルター最上部にポンプが備わり、下から吸って、下から吐き出す。同じ面に吸水・排水口があるというのが、カスタムベースにされる理由のひとつかもしれません。

下側にある吐出口には最初からL字の吐出口が備わっており、横方向に排水します。シャワーパイプが付属します。流量調整も可能です。

価格:740円

消費電力:4.6W

吐出量:3L/分

電源コード長:1.4m

GEX イーロカ PF-381

基本的な説明は上記「GEX イーロカ PF-201」に準じますが、付属品が異なります。

シャワーパイプは2本付属します。他のフィルターでも同様ですが、この商品では商品説明のなかで、ホース(内径13mm)を吐出口つなげる運用を紹介しています。

価格:982円

消費電力:5W

排出量:5.6L/分

電源コード長:1.4m

GEX イーロカ PF-701

基本的な説明は上記「GEX イーロカ PF-201」「GEX イーロカ PF-381」に準じますが、更にシャワーパイプが1本増えて3本付属します。

価格:1440円

消費電力:8W

吐出量:9.5L/分

電源コード長:1.4m

GEX サイレントフロースリム

2.4L/分で1000円超え。

ポンプは直方体で、フィルター最下部に備わり、側面から吸って上に向かって排出。

GEX サイレントフローパワー

 3L/分で1000円超え。

ポンプは直方体で、フィルター最下部に備わり、側面から吸って上に向かって排出。

エーハイム 2006

3L/分で982円。ポンプ形状も不明。

ニッソー フリーフロー200

基本的にポンプ形状はGEXイーロカシリーズと変わりません。

これを選ぶ理由はないかな。

価格:803円

消費電力:3W

吐出量:3.5L/分

電源コード長 1.2m

まとめ

f:id:katamichinijikan:20170331111911p:plain

比較に値する5製品を比較しました

それぞれトップのものは赤太字にしています。

 

一番右に、価格に対する流量(ml)を追加してみました。

1円あたり何mlの流量があるかというもので、高いほど価格の割に流量が多いということになります。

結果としては「GEX イーロカ PF-701」が最も優秀。な気がしますが、毎分9.5Lの流量が不要であれば、「GEX イーロカ PF-381」のコストパフォーマンスが優れています。

 

GEX イーロカ PF-381」は「GEX イーロカ PF-201」に対して、価格が133%、流量は187%です。

一方でGEX イーロカ PF-701」は「GEX イーロカ PF-381」に対して、価格が147%で流量は170%です。

つまり、GEX イーロカ PF-701」は「GEX イーロカ PF-381」に比べて価格相応に流量が増加していないということです。(「GEX イーロカ PF-381」対「GEX イーロカ PF-201」と比較して)

 

結論

一番安く済むのがGEX イーロカ PF-201」。毎分3L & 740円

もうちょっと流量が欲しければ「GEX イーロカ PF-381」。 毎分5.6L & 982円

更に流量が欲しければ「GEX イーロカ PF-701」。 毎分9.5L & 1440円

方法② 水中ポンプ単品を買う

次の方法は単品を買う方法です。

金に糸目をかけずに良いポンプを買う人は、こんな記事はみないでしょうから。

毎分3L & 740円の「GEX イーロカ PF-201」を超える水中ポンプを探します。

 ノーブランド 毎分5.3L  410円(送料無料)

 ノーブランド 毎分3.3L 430円(送料無料)

 ノーブランド 毎分6.6L 920円(送料無料)

 

怖いですね。

正直、GEX他のメーカーから出ているフィルターに備わるポンプと大差ないと思います。そもそもポンプなんて今や原始的な代物で、どこで作ってもある程度きちんと動くはずです。

 

なお、東日本なら50Hz、西日本なら60Hzはしっかり確認してください。

上記あやしいポンプたちは、USプラグとなっていますが、USプラグであれば日本でそのまま使えます。海外は60Hzが多いです。

エビが更に抱卵!

暖かくなってきたおかげか、エビがもう1匹抱卵しました。

最初はダメかと思いましたが、順調に安定へ向かっていっているようでうれしいです。

 

こちらが新たに抱卵したエビです。

朝、明らかに様子がおかしかったです。1番大きい目立つ個体ですが、普段は泳ぐ姿を見たこともありませんでした。しかし、その日の朝は水面近くを泳ぎ回っていました。脱皮したようなあとも。

f:id:katamichinijikan:20170330085456j:plain

 

こちらが先日抱卵した個体です。

今日抱卵した個体の方が、体は大きく、卵も多いように見えます。

f:id:katamichinijikan:20170330085648j:plain

 

生まれる頃には、水草がもう少ししげって、稚エビの隠れ家ができていてくれるといいんですが・・・。

GEXサイレントフローって意外と水草に良さそう

僕の一番初めの水槽は、GEXの20cmキューブ水槽とろ過機(サイレントフロー)のセット品でした。最近40cm水槽とGEXメガパワー2045へ引っ越し、20cmキューブ水槽は空きとなっています。

一方で、サイレントフローは水草のストック水槽に設置しています。

 

生体なしの水草ストック水槽にお金をかける気はなかったため、サイレントフローを使いまわしていましたが、きつきつのストック水槽内で場所を取るため、何か良い代替はないかと探していました。

 

小型のものであれば、スポンジフィルターや底面フィルターが考えられますが、いずれも安価・小型なものはエアポンプを使います。どうやら水草にはエアレーションは良くないらしく、ポンプ式が望ましいです。

そうして行きついたのが、ポンプを使った自作の小型外部フィルターです。

 

色々調べて、ちょっとホームセンターへ足を運んでみようと思ったのですが、改めて考えるとサイレントフローが意外に水草水槽に求められる要件を満たしていることに気が付きました。ただし、水流はかなり弱い。

実際に、GEXのサイトでも、以下のような記載がありました。

小型熱帯魚はもちろん、水質に敏感なシュリンプややさしい水流を好むメダカの飼育に適しています。また水中式なのでCO2添加の水草育成水槽にも最適。

熱帯魚 観賞魚 アクアリウム用品 水槽 水中モーターフィルター サイレントフロー

 

こうして考えると、場所のためにろ過機をどうこうするなら、1000円くらのプラケースでも買って場所を増やした方が良いような気がしてきました。

 

一応、500g入りのワセリンがあいたばかりなので、これで作ろうと思っていたのですが、サイレントフローをばらすのはもったいないかな~。

f:id:katamichinijikan:20170330085837j:plain